logo
Home

遊星からの物体x クソ映画

今から36年前っていうと昭和58年,西暦1983年の映画ってこと。俺は今43歳だから36年前は7歳ってことになる。小学校の1年生だ。 「遊星からの物体x」を観たのは初めて。名作だとは聞いていたが,ホラーのジャンルが嫌いということや,なんか面白くなさそう. See full list on dic. 名前も然る事ながら難局が舞台である事が氷の能力の元ネタとなっている戦隊怪人。 ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ.

遊星からの物体Xとは、ホラーSF映画作品のタイトルである。 概要 SF黄金時代の立役者、ジョン・ウッド・キャンベルの短編『影が行く(1933年)』を原作とした映画。 1951年・1982年. 髪行類 / 宇宙人 クリーチャー / エイリアン トラウマ / みんなのトラウマ 遊星より愛をこめて 「遊星よりの弾幕X」 寄生獣 七英雄. 物体Xの「取り込んだ生物に同化する」という能力と似たような効果を持つ「同化の法」という術によってモンスターと同化する事で更なる能力や知識を得ている。 富江. be 前作、遊星からの物体Xの.

ドクターは檻に残った”それ”の解剖をし、これは犬を襲って吸収し犬に変わる途中だったと言い、体内から出てきた犬の死体とイミテーションの犬の頭部を示します。また、生き延びた犬の治療をしながら、クラークにハスキー犬とどのくらいいっしょにいたかと聞き、思い過ごしだと呟きます。 持ち帰ったビデオには、基地から10キロほど離れた場所に、数十メートルもの巨大な何かに爆薬を仕掛け掘り出そうとしている様子が映っていたため、マクレディは地球物理学者のノリスともう1人を連れ調査に向かいます。 それは巨大なUFOで、壊れてクレーターに埋まっていましたが、ノリスは地上に埋まっていた機体が後方散乱により10万年ほどかかって地表に上がってきたと推測し、その側にも氷が四角く切り取られたプールを見つけます。 遊星からの物体x クソ映画 夜、マクレディは何万年か前に南極にUFOが墜落し、中にいた”生物”が冷凍され、彼らの爆破によって解凍され息を吹き返したのではと話し、パーマーは疑うチャイルズに宇宙からの飛来物は多いんだと突っかかります。また食事係のノールスがキッチンのゴミ箱に古ズボンを捨てたのは誰だ! 『ハロウィン』などの鬼才ジョン・カーペンターが1982年に放った傑作sfホラー『遊星からの物体x』の前日譚(たん)。氷魂の中に閉じ込められた. ギドラを封印しているという南極にある第32前哨基地(Outpost32)は1978年に何らかの事故で第31前哨基地(Outpost31)が壊滅した後に再建された基地という設定になっている。. 1982年、南極大陸。 大雪原を走るノルウェーチームの雪上車の中で、観測機の奇妙な信号に気づいたオラフは、ペデルとラーシュに車を停めさせますが、音が真下から聞こえると叫んだ途端、雪上車は軋み巨大な氷河の割れ目に落ちて行きます。車体は氷壁に挟まれ墜落は免れますが、そのライトが照らす雪渓の底には、金属でできた巨大な何かが見えます。 古生物学者のケイト・ロイドは、研究室にやってきたハルバソン博士とその助手アダムに、研究に夢中でアポを忘れていたことを謝ります。 博士は、小脊椎動物学が専門で極寒の発掘経験もある彼女に、南極の地質調査をしていたオスロの同僚チームが48時間前に驚異の発見をした、出発は明日だが調査に参加して欲しいと言われます。が、彼は調査対象は建造物と検体だと言うだけで詳細は語ろうとせず、彼女は少し迷った末、2つ返事で承諾します。アダムは、助手になって3年経つが、博士が興奮したのを初めて見たと話していました。 南極は晴天で、ヘリは彼女とハルバソンとアダム、合流したグリッグスを乗せ、ノルウェー隊のトゥーレ観測基地に向かいます。操縦士のデレクは言葉少なでしたが、副操縦士のカーターはケイトにバスケの試合結果を聞き、わからないと言われます。彼は2、3日で片付けないと吹雪が来ると話していました。彼らは基地に着くなり雪上車に乗り換え、調査現場に向かいます。 それは雪に埋もれた氷穴の奥にあり、彼らは中に組まれた梯子を降り、奥にいたエドバルド・ウォルナーと地質学者のカールとジュリエットに会います。エドバルドは満面の笑みで、3人をその奥へと案内します。 それは巨大な宇宙船で、エドバルドは言葉を失う彼らに、おそらく10万年前のもので、多分”生存者”脱出する際作動した遭難信号と思われる信号により発見したと言い、彼らを雪原に埋まっている”生存者”の元へと案内します。”生存者”には黒く大きなカギ爪のような物がありましたが、ケイトは機材が揃っていれば半日で掘り出せると話します。 3人は早速基地に戻りノルウェーチームとの打ち合わせをして、”生存者”のサイズは2×4×1m、氷をごと切り取って持ち帰る事を決めます。ノルウェーチームは大変協力的で、機材担当のペデルや英語は出来ないが働き者のラーシュなど頼もしい仲間も大勢います。 グリッグスは宇宙船は氷河に200mの空洞を形成し不時着したと話しま. クソ映画 遊星からの物体x クソ映画 皆が基地に戻ろうとした時、衰弱しきったカーターとデレクが基地に辿り着きます。ペデルはあの墜落で生き残れるはずがないと言い焼こうとしますが、ケイトがテストが終わるまで閉じ込めればいいと止めます。 2人は火炎放射器を持ったペデルとケイトに物置小屋に隔離されます。カーターは助けが要るだろうと言いますが、ケイトはあなたも怪物かもしれない、テストを待ってと言い、カギをかけ外に出ますが、基地から火の手が上がっているのを見て駆け戻ります。 火災はハルバソンとアダムが血液検査の準備をしていた研究室からで、火は消し止めますが、初めの怪物の死骸と研究機材が全て焼け、テストが出来なくなります。 コリンは最後に部屋を出たアダムの仕業だと言い出しケンカになりますが、ケイトは歯の詰め物で判断しようと言い、皆を広間に集めます。が、彼女とペデル、ラーシュ、ヨナスは詰め物がありましたが、アダム、ハルバソン、エドバルド、コリンは確認できませんでした。 彼女はペデルに火炎放射器で4人を見張らせ、ラーシュとヨナスに隔離した2人を呼びに行かせます。ところが物置小屋はもぬけの殻で、床には穴が開いていました。ラーシュは憤慨し1人で歩き出しますが、建物に踏み込んだ途端何者かに引きずり込まれます。 エドバルドとハルバソンは共謀し、ペデルにノルウェー語で本当の敵は外にいるアメリカ人だとたきつけます。その時、取り乱したヨナスが戻りペデルにラーシュを助けに行こうと喚き、ケイトは信用しちゃだめと叫び、騒然となったその時、屋内のどこかでガラスの割れる音がします。 それは火炎放射器を持ったカーターと銃を持ったデレクが屋内に侵入した音で、火炎放射器を構えて駆けつけたペデルと睨み合いになりますが、エドバルドがノルウェー語で焼け!殺せ!と怒鳴り、ペデルが火炎を放射しようとした瞬間デレクに射殺され、直後にペデルのタンクに火が点き大爆発を起こします。ペデルの体は爆発で燃えつきますが、エドバルドは爆発のショックで倒れ、実権を握ったカーターの命令で彼をラーシュとヨナスが抱え、皆が娯楽室へと向かいます。 が、着いた直後、エドバルドの腕が身体から千切れてヨナスに襲いかかり口から侵入、身体からは長い鞭のような触手が飛び出て暴れ回り、アダムとデレクが腹を突き破られ、さらにクモのように変形したエドバルドは動けなくなったアダムをその体に取り込み逃. sfホラー映画『遊星からの物体x』の前日譚として作られたのが『遊星からの物体x ファーストコンタクト』では、ほとんどのクリーチャーが大人. 1982年公開のSFホラー映画。 生命を捕食し擬態する未知の物体とアメリカ南極観測隊の攻防を描いている。 本作は1951年に公開されたSFホラー映画の古典『遊星よりの物体X』(原題:The Thing from Another World)を新たな切り口でリメイクした作品で、原作小説に当たるジョン・W・キャンベルの短編、『影が行く』<原題;Who Goes There? 「遊星からの物体x デジタル・リマスター版」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。遊星からの物体x デジタル・リマスター版の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。.

. 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に. 『遊星からの物体x』@ なんばパークスシネマ、爆音映画祭観!劇場初観!何時以来じゃろ?「何故?」を超省いていきなり動き出す物語。「誰が?!」を探るsfの名を借りた群集屋内サスペンスの秀!造形がめっさくさ良い!特撮やろこれ?.

『 遊星からの物体X クソ映画 』(ゆうせいからのぶったいエックス、 (John Carpenter&39;s) The Thing )は、 遊星からの物体x クソ映画 1982年 の アメリカ合衆国 の SF ホラー映画 。. 犬(シベリアンハスキー)の顔が四つに分かれ、断面から牙、中央の口からは複数の細い触手が飛び出す。正体は不明だが何かすげえのが 2. 僕は映画のシリーズ物は公開順でそのまま追っていくタイプです。 でも、本作を観終わった時、そのまま『遊星からの物体X』を観たくなって結局観ちゃいました。 ラストの繋げ方がたまんねえわ!! 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(原題:THE THING) youtu. 年には、今作の前日譚に当たる『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(原題:The Thing)が製作された。 こちらでは氷の下に眠る巨大構造体を発見したノルウェーの観測隊が、その正体を探る内に物体Xと遭遇、疑心暗鬼に駆られる中で壊滅し、やがて惨劇の場面と化した基地から逃げ出す犬を追いかけて隊員が雪原へとヘリを飛ばす. 映画 / 洋画 / アメリカ映画 / SF映画 / ホラー映画 / 映画の一覧 物体X / 一体何の冗談だ? 遊星からの物体xの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン. 南極の地下に眠る円盤型の宇宙船に潜伏していた未知の宇宙生命体。 エイリアンなどと同じく固有の種族名が作中で登場することはなく、「それ」「けだもの」「怪物」、あるいは「物体(The Thing)」と呼称される。 他の生物に同化、捕食、擬態する能力を保有しており、通常の生物では耐えられない極低温下でも生存が可能。 細胞レベルでも死なない高い生命力と、宇宙旅行も可能な優れた知性を持つ反面、その行動は発作的というか感情的で、作中においてはあまり冷静さを感じられない。 だがもし仮に文明社会へ到達すれば、およそ2万7千時間(約3年)で全人類は同化され全滅すると推測されている。 またその最大の特徴である擬態能力は、本作における物体のおぞましさと恐怖を際立たせている。 何しろ普通に会話していた仲間が突如、怪物へと変貌することもあり得るのだ。 この恐怖は移動手段の途絶えた南極基地という密室空間において、誰が物体なのかと皆が疑心暗鬼に陥って徐々に状況が悪化していく闇の人間ドラマにつながっており、ホラー映画の新次元を開拓したとして高い評価を受けている。 遊星からの物体x クソ映画 原作小説での怪物はあくまで擬態能力を持つのみで、その正体は「目が三つあり、牙を剥き出し、複数の手を持ち、青い鱗に覆われ、毛のような触手が生えている」異形の人型として描写されている。 1951年の『遊星よりの物体X』では擬態に関する設定が削除され、頭髪のない隆起した頭部と鋭い爪を持つ大男として表現された(演ずるはジェームズ・アーネス)。その細胞は植物の物に近いが、動物の血液を養分とし、地球人以上の腕力と知性を有するものとされている。 一方、今作ではその正体は不定形の存在として描写されることはなく、さらに単に擬態するのみならず、 1. >をより忠実に再現した再映画化作品でもある。 ただ後述されるように「物体」の外見には大きなアレンジが取り入れられている。 監督はジョン・カーペンター。 旧作を観て監督を志したという人物で、代表作の『ハロウィン』(1978年)には旧作版がテレビに映るシーンが挿入されている。.

『 遊星からの物体X ファーストコンタクト 』(ゆうせいからのぶったいエックス ファーストコンタクト、原題: The Thing )は、 年 の アメリカ合衆国 の SF ホラー映画 。 1982年の映画 『 遊星からの物体X 』の 前日談 を描く。�. とやってきますが、誰も相手にしませんでした。 黙って聞いていたブレアは、その後1人でコンピューターを使いハスキー犬に擬態した”それ”が犬を襲い同化するシュミレーションをし、(基地内への)侵入による同化確率75%、社会に侵入した場合、2万7千時間後には全世界が同化されると言う結果を導き出し、拳銃を身に着けます。 ベニングスとパーマーは、ノルウェー基地から持ち帰った”それ”を物置に運びこみ、マクレディは生物学助手のフュークスに呼び出されます。が、ベニングスだけとなった時、”それ”が不気味に蠢き、血色の粘液が滴り始めます。 フュークスは雪上車にマクレディを呼び、ブレアの様子が変だと言い彼の研究ノートを見せ、「同化するには暗がりで対象生物との接近が必要で、たとえ殺しても滴る液が生き続けている」とあると話します。 マクレディはドクターと一緒にブレアの部屋に行くと言いますが、その時、基地からパーマーが血相を変え飛び出してきます。彼が物置に戻った時、部屋が血だらけで、ベニングスは”それ”の触手に巻きつかれ同化され始めていたのです。 3人が駆けつけた時、物置は元に戻りベニングスは外に走り出していました。警報を聞いた隊員たちも加わり追いますが、. ノルウェーの観測基地から飛び立ったヘリが、1匹の犬を執拗に追いかけ回す場面から物語は始まる。 ノルウェー隊員たちは常軌を逸した状態で、銃や手榴弾まで駆使して周囲の被害も顧みず犬を殺そうとしたため、巻き込まれた第31前哨基地(Outpost 31)のアメリカ隊員たちは已む無くそのノルウェー隊員を射殺。 いったいノルウェー基地で何があったのか? 調査に向かったヘリ操縦士マクレディらが直面したのは、おぞましい惨劇の末に壊滅した基地、そして辛うじて残っていた記録フィルムだった。 そしてその夜、第31前哨基地へ戻ったマクレディ達は、犬に擬態していたおぞましい"物体(The Thing)"と遭遇する――. 宇宙から1基のUFOが飛来し、地球の大気圏で炎上し、墜落します。それがどの時代でどこに落ちたのか、UFOのサイズも解りません。 1982年冬 南極大陸。 遊星からの物体x クソ映画 広大な雪原で、一機のヘリが一頭のシベリアンハスキーを追い、ライフルを連射しています。 アメリカのマクマード基地の隊員たちは、銃声を聞いて屋外に出て、それがノルウェーのヘリだと確認しますが、たった1頭のハスキー犬に手榴弾まで投下する異様な状況に困惑しますが、やがてヘリは基地の間近に着陸し、手榴弾の投下ミスで爆発炎上、犬は隊員たちに飛びつき顔を舐めまわします。 けれど、機体から離れていた1人は燃えるヘリを振り返りもせず、彼らに向かって銃を向け何事か叫びますが、言葉が解らぬうち発砲し、気象学者のベニングスの太腿を撃ち抜き、逃げる犬に発砲し続けます。その時屋内にいた隊長のギャリーが窓から男を狙い射殺します。隊員たちはヘリを消火し、遅れて出てきた飼育係のクラークは犬を保護します。 ドクター・コッパーはベニングスの傷を手当し、主任生物学者のブレアは通信係のウィンドウズに早急に外部に知らせろと言いますが、もう2週間も交信不能だと逆ギレされます。 一同はメインルームに運び込んだノルウェー隊員の遺体を前に状況を話し合いますが、ドクターは来てから8週間で狂うのには早すぎる、基地に異変があったのかもと言い、残りの隊員の様子を見に行くべきだと主張し、ヘリの操縦士マクレディがドクターを乗せ向かうことに。 生き延びたハスキー犬は大人しく、皆が各々の持ち場に戻った後、基地内を静かにうろつき誰かがいる個室に入って行きます。 ノルウェー基地は黒煙を上げ惨憺たる有様で、全てが凍りついていて、隊員は喉を切り裂き自殺したと思しき1名以外見当たりません。ドクターは資料室で撮影済みのビデオを発見、マクレディは基地の奥に氷で作られた大きなプールを見つけ、基地の裏手では異様な姿の何かが凍っているのを発見します。その周辺にはそれを燃やそうとしたと思われる灯油缶が散らばっていました。2人は”それ”を基地に持ち帰り基地内に運び込みますが、ハスキー犬はその様子をじっと窓から見つめていました。 ”それ”は、何体もの人間が苦悶の表情のまま溶け合ったような異様なモノで、すぐに氷解し始め異様な臭気を放っていました。ドクターはブレアに解剖を依頼し、ハスキー犬もその部屋にいて. カーターとグリッグスとデレクはヘリの扉が開いているのに気づき、内部をライトで照らして調べます。ハルバソンとエドバルドとアダムは、犬小屋で殺されている犬の死骸を見て愕然とします。 その時、倉庫の床下で蠢く怪物を発見したヘンリクは、銛のような触手で突き刺され引きずり込まれます。彼の血を浴びたオラフの叫び声に皆が集まり、ヘンリクを丸呑みにしていた怪物に発砲し、ガソリンをかけ倉庫ごと燃やします。怪物は鋭く巨大な鉤爪を壁に突き刺しもがきますが、やがて動かなくなります。ハルバソンは、彼の静止を聞かず発砲し火をかけたカーターを睨みつけていました。 彼は、ノルウェーチームが悲しみに暮れる中、史上初となる地球外生命体の死体をヘンリクの遺体ごと解剖すると言い出し反感を買います。 カーターは完全に始末すべきだと言い、翌朝ショック状態のオラフをヘリでマクマードの軍病院に運ぶ、軍には真実をありのまま話すと言いますが、ハルバソンはエドバルドを急かし、怪物の焼死体を基地内に運ばせ、解剖を始めます。 怪物は巨大なゴキブリのような姿で、ヘンリクの上半身を飲み込んだまま黒焦げになっていました。ハルバソンはその腹にメスを入れ、困惑するケイトに命じて手伝わせ開きます。彼は、羊膜のような物に包まれ溶け始めているヘンリクを見て、取り込んだようだ、素晴らしいと感嘆の声を上げますが、ジュリエットは同胞の無惨な姿に堪えられず部屋を出て行きます。 ケイトはヘンリクの腕の骨折治療に使われたチタンプレートが、なぜか腕ではなく怪物の体内で発見された事を不思議に思い、顕微鏡で細胞を観察しますが、ヘンリクの細胞が怪物の細胞に取り込まれヘンリクの細胞へと変化するのを見て、アダムにも見せ、怪物がヘンリクを複製しているのかもと話します。 翌日、オラフはグリッグスに付き添われ、カーターとデレクが操縦するヘリでマクマードの基地に向かうための準備を進めていました。オラフの様子を見たケイトは一抹の不安を憶えますが、応援を連れてくると言うカーターには言えませんでした。 が、ヘリがアイドリングに入った頃、彼女は洗面所の床に落ちていた血塗れの歯の詰め物を拾い、血だらけになったシャワー室を見て、外に飛び出し中止の合図をします。 合図に気付いたカーターはヘリを旋回させ戻ろうとしますが、オラフは様子がおかしくなり激しく震え始めます。が、彼を励まし. 映画『遊星からの物体x』を観たので感想と考察を書きます。 いまいち知名度が低いようですが、優れた『sfホラー作品』なんですよ。 おはようございます。 朝4時30分に起きて、 ブログネタの為に 『遊星からの物体x』を 観ています。 朝っぱらから. 年には、本作の続編にあたるゲーム『遊星からの物体X episodeII』(現代:The Thing)が発売された。 こちらは本編の三ヶ月後に南極を訪れたアメリカ陸軍救助隊隊長として、マクレディなる人物の残した記録を頼りに、物体によって占拠された南極基地の探索を行っていく事になる。 本ゲームでも、本編で登場した31観測基地が再現されており、小道具や細かい演出など随所にオマージュが存在する。 ゲームバランス的には「仲間がいないと戦闘が困難だが、仲間もランダムに物体へ擬態されてしまう可能性があるため気が許せない」など、なかなかシビアな難易度になっている。 くわえてCGによって特撮の制約から解き放たれ、縦横無尽に動き回り襲いかかってくる物体の姿を楽しめるのは本作ならではの魅力といえる。 また本編の続編ということで映画のラストシーンでどうなったのかが明かされるため、ファンの中には解釈が違う者もおり、一部で物議を醸した。 ただし「こういう解釈の一つ」として見れば当時のゲームにしてはクオリティも高い良作なので、興味のあるゲーマーなら遊ぶ価値はあるだろう。. その映画は82年の「遊星からの物体X」The Thing。これは51年製作のハワード・ホークスがプロデュースしたSFホラー映画「遊星よりの物体X」のリメーク作で、南極観測隊のアメリカ基地の隊員たちと、氷の中から発見されたエイリアンの戦いを描いたもの。.

<デジタルリマスター版>が劇場公開されている、「遊星からの物体x」。 年劇場公開版のレビュー についてはこちらをどうぞ。 この映画、登場人物が多くて、しかも 男ばっかり で、初見だと 人物の見分けがつきにくい 。なので、誰がどうなったのか. 「遊星からの物体X」 1982年/アメリカ(109分). 1982年に公開されたジョン・カーペンター監督の傑作『遊星からの物体X』といえば、プラクティカル・エフェクトを駆使した、それ(The Thing)の. 遊星からの物体x クソ映画 映画『遊星からの物体X』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『遊星からの物体X』を無料で見られるので安心です. 彼らは手始めに物置小屋を小型UFOもろとも爆破し、雪上車で基地に突っ込み、各部屋にダイナマイトを投げ込んで爆破し、地下の発電機に向かいます。発電室の中は、溶けた氷で水浸しで所々に小さな炎が上がり、発電機は無くなっていました。 マクレディは、ここも爆破して雪原にすると言い、ギャリーは蓄電室に、ノールスは発電台にダイナマイトを仕掛けるよう指示します。けれど、ギャリーは物陰から現れたブレアに口を手で塞がれて同化され、異変に気付いたノールスも奥に歩き出し、消えます。 マクレディは間もなく一人残されている事に気づき、爆破スイッチを引き上げ、ダイナマイトの導火線に火をつけますが、その時、奥から床板が跳ね上がり凄まじい勢いで何かが迫って彼を跳ね飛ばし、触手を広げ、彼の目の前に巨大な姿を現します。 それは、あらゆる生物が混ざり溶け合った巨大で異様なバケモノで、頭にはブレアだった顔の横に巨大で獰猛な牙のある口があり、その胸部からは犬の上半身や別な口がぬるりと這い出て肉色に濡れ、粘液を滴らせ蠢いていました。 彼はくたばれ!と叫んでダイナマイトを投げ、爆発と同時に全てのダイナマイトが連爆、基地は粉々に吹き飛びます。 爆発を逃れたマクレディは、1本の酒瓶を持ちだし、燃え続ける基地のそばで座り込みますが、そこに無傷で火炎放射器を構えたチャイルズが現れ「1人か?」と聞かれ、「君がいる」と答えて、どこにいたのか訊ねます。 彼は外でブレアを見かけて追ったが吹雪で見失ったと言い、「言っとくが俺は、」と言いかけますが、マクレディは「聞いたところで『そうか』というだけだ」と苦笑いします。立ち上る炎は暖かく2人は暫しの温もりを得ますが、やがて炎が消えて極寒の世界に戻れば死に至ることは明白です。 チャイルズはマクレディの正面に座り「この先は?」と聞き、「ほっとこう」「どうなるか、見るだけだ」と答える彼が差し出した酒を美味そうに一口飲み、2人は小さく笑い合います。 漆黒の闇の中、基地の炎だけが赤く燃え続けていました。. 遊星からの物体X 復刻版DVDのTV吹き替えです。名シーンです、個体でも生きられる生物。吹き替え収録のBlu-ray版出してくれ.

道具小屋の前でマクレディは、完全に孤立した、春の救援隊を待つしかないと言うドクターやギャリーに、春までには全員が偽物になると言い、ドクターは正常な血液と混ぜる血清テストをすれば偽物が見分けられると言いますが、カギ付きのケースにあった保存用血液バッグは全て破られた後でした。 カギの保管はドクターの担当でしたが、ギャリーを見つめ、クラークもいつの間にか戻っていて、互いになすり合ううち掴み合いとなり、怯えたウィンドウズが非常用ライフルを持ち出すと、ギャリーが銃を向け睨み合いとなります。皆が平静を取り戻すと、ギャリーは疑われた以上隊長を降りると言い、ノリスを指名しますが断わられ、名乗り出たチャイルズは皆に止められます。. 物体Xと同じく相手と同化して肉体を乗っ取ったり、自己増殖したりする性質を持つ。 氷雪のユウゼイクス. 。. . 年公開『遊星からの物体X ファーストコンタクト』ネタバレあらすじ. 出典: 映画 ”The Thing” 公式Facebook 1982年ノルウェー観測隊が、南極大陸に埋まった巨大建造物と未確認生命体を発見する。.

監督 - ジョン・カーペンター 脚本 - ビル・ランカスター 原作 - ジョン・W・キャンベル『影が行く』 製作 - デイヴィッド・フォスター / ローレンス・ターマン / スチュアート・コーエン 製作総指揮 - ウィルバー・スターク 音楽 - エンニオ・モリコーネ 撮影 - ディーン・カンディ 編集 - トッド・ラムジー 製作会社 - デヴィッド・フォスター・プロダクションズ / ターマン=フォスター・カンパニー(アメリカ) / CIC(日本). 遊星からの物体X(1982)の映画情報。評価レビュー 1012件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:カート・ラッセル 他。 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に. <『遊星からの物体x』は、なぜ奇妙な映画なのか> 何度見ても思うことだが、『遊星からの物体x』は奇妙な映画である。そもそもこれはどんな映画なのか? sf映画にしては暗い恐怖の影が全体を覆っているし、ホラー映画にしては理詰めに過ぎる。.